100日後に完成する玉龍歌現代語訳

令和3年1月16日
天赦日+一粒万倍日の何か始めなくてはならないというプレッシャーに勝てませんでした。


今年の目標として古典をちゃんと読む。というものがあるので、とりあえず玉龍歌を自分なりに読んで現代語訳を付けていきたいと思います。


1月16日の時点では簡体字をコピペしたままの白文ですが、100日後には完成しているはずです。
天赦日+一粒万倍日に始めたことが成就しないはずはないので。



扁鹊授我玉龍歌,玉龍一試絶沈疴,玉龍之歌真罕得,流伝千載無差訛。

マイメンがウチにくれた玉龍歌、一回やったら絶対いいの分かるから玉龍歌しか勝たん。


我今歌此玉龍訣,玉龍一百二十穴,医者行鍼殊妙绝,但恐時人自差別。

とりま120穴歌うからやってみたら?ワンチャンあるっしょ、でも人と場所は選んで。



補瀉分明指下施,金鍼一刺顕明医,伛者立伸偻者起,従此名揚天下知。

補瀉ちゃんとしたら一刺しでゴッドハンドなれるし。おばあちゃんの腰も伸びるし、マジ卍。



中風不語最難医,髪際頂門穴要知,更向百会明補泄,即時蘇醒免災危。

中風不語マジ無理、ぴえん超えてぱおん超えて不語ん、顖会と百会に補瀉したら即やりらふぃー。


(人事不省に対しての督脈としてなのかなと考えますが、中風で頭の経穴を使うのことを1329年からしてるのってすごいのでは?
と思ったんですが、史記にて外三陽五会として尸厥に対し使われているらしいので、遥か昔から意識不明は頭に鍼刺しとけってなってたんでしょうか)


鼻流清涕名鼻渊,先瀉後補疾可痊。若是頭風并眼痛,上星穴内刺无偏。

サラサラ鼻水は鼻淵、ぴえん。まず瀉法をして、その後に補法。
頭痛と眼痛が一緒にきたら上星に刺す、これマヂ。


(わかる)



頭風呕吐眼昏花,穴取神庭始不差。孩子慢驚何可治,印堂刺入艾还加。

頭痛でゲロって目がチカチカしてる奴とか殆どが薬でラリってるけど、そうじゃないなら神庭。
小児のひきつけは印堂。


(ここも醒脳したい感じの配穴なんでしょうか。ところで若者言葉もうマヂムリ。マヂカルムリリー)



頭項強痛難回顧,牙疼併作一般看,先向承漿明補瀉,後鍼風府即時安。

頭項が痛み、頚部回旋できず、歯痛があるものは承漿に補瀉した後、風府に鍼して即効く。


(この歯痛は上下どっちの歯なのか?)



偏正头风痛难医,丝竹金针亦可施,沿皮向后透率谷,一针两穴世间稀。

まぢヤバい頭痛は糸竹空から卒谷に向かって透刺。
1本で2穴刺すとかレアじゃね?


(偏正頭痛って偏頭痛でいいんでしょうか?透刺してドヤる王國瑞?かわいいですね)


偏正头风有两般,有无痰饮细推观,若然痰饮风池刺,倘无痰饮合谷安。

頭痛は痰の有無を要チェック。痰ありは風池、無しは合谷でおけまる。


(痰の有無で風池か合谷か変わるのが分からない。風池で痰どうにかできる?)
(この前の3つ頭痛に対しての配穴が書かれていますが、どれもタイプが違いますよね。
承漿風府を正中の痛み、糸竹空卒谷を側頭部痛、風池は頚部から、合谷は遠隔でみたいな分け方もできるなと、歌賦の内容無視してますけど)


口眼㖞斜最可嗟,地仓秒穴连颊车,㖞左泻右依师正,喎右泻左莫令斜。

顔面麻痺ぴえん。地倉から頬車へ透刺。
麻痺が左なら右を瀉す、右なら左を。


(巨刺するのお洒落ですね)



不闻香臭从何治?迎香两穴可堪攻,先补后泻分明效,一针未除气先通。

嗅覚異常は迎香。先補後瀉すると明らかにアガる↑


(医学綱目には同様の症状に対し瀉多補少と書かれており、多分瀉多めの方が良いのではないかと。新型コロナウィルスの嗅覚異常にも効いたらいいですね)


耳聋气闭痛难言,须刺翳风穴始痊,亦治颈上生瘰疬,下针泻动即安然。

耳聞こえてないの?超ウケるw翳風使いなよ。あと頚部リンパ結核の時は瀉ね。



耳聋之症不闻声,痛痒蝉鸣不快情,红肿生疮须用泻,宜从听会用针行。

あんたも耳聞こえないの?耳鳴りも?いや赤いしメッチャ掻いてんじゃん。聴会瀉そ。



偶尔失音言语难,哑门一穴两筋间,若知浅针莫深刺,言语音和照旧安。




眉间疼痛苦难当,攒竹沿皮刺无妨,若是眼昏皆可治,更针头维即安康。



两眼红肿痛难熬,怕日羞明心自焦,只刺睛明鱼尾穴,太阳出血自然消。


眼痛忽然血贯睛,羞明更涩最难睁,须得太阳针出血,不用金刀疾自平。



心血炎上两眼红,迎香穴内刺为通,若将毒血搐出后,目内清凉始见功。





强痛脊背泻人中,挫闪腰酸亦可攻,更有委中之一穴,腰间诸疾任君攻。



肾若腰痛不可当,施为行止甚非常,若知肾俞二穴处,愈见医科神圣功。



膝腿无力身力难,原因风湿致伤残,倘知二市穴能灸,步履悠悠渐自安。



髋骨能医两腿痛,膝风红肿不能行,必针膝眼膝关穴,功效须臾病不生。


寒湿脚气不可熬,先针三里及阴交,再将绝骨穴兼刺,肿痛登时立见消。



肿红腿足草鞋风,须把昆仑二穴攻,申脉太溪如再刺,神医妙诀起疲窿。



脚背痛起丘墟处,斜针出血即时轻,解溪再与商丘识,补泻行针要辨明。


行步艰难疾转加,太冲二穴效堪夸,更针三里中封穴,去病如同用手抓。



膝盖红肿鹤膝风,阳陵两穴亦堪攻,阴陵针透尤收敛,红肿全消见异功。



腕中无力痛艰难,握物难移体不安,腕骨一针虽见效,莫将补泻等闲看。



急痛两臂气攻胸,肩井分明穴可攻,此穴原来真气聚,补多泻少应其中。



肩背风气连臂疼,背缝二穴用针明,五枢亦治腰间病,得穴方知疾顿轻。



两肘拘挛筋骨连,艰难动作欠自然,只将曲池针泻动,尺泽兼行见圣传。



肩端红肿痛难当,寒湿相争气血旺,若向肩颙明补泻,管君多灸自安康。



筋急不开手难伸,尺泽从来要认真,头面纵有诸样症,一针合谷效通神。



腹中气块痛难当,大陵外关可消祥,若是肋痛并闭结,支沟奇妙效非常。



脾家之症最可怜,有寒有热两相煎,间使二穴针泻动,热泻寒补病俱痊。



九种心痛及脾痛,上皖穴内用神针,若还脾败中脘补,两针神效免灾侵。



痔漏之疾亦可憎,表里急重最难禁,或痛或痒或下血,二白穴在掌中求。



三焦之气壅上焦,口苦舌干岂易调,针刺关冲出毒血,口生津液病俱消。



手臂红肿连腕痛,液门穴内用针明,更将一穴名中渚,多泻中间疾自轻。



中风之症症非轻,中冲二穴可安宁,先补后泻如无应,再刺人中立便轻。



胆寒心虚病如何?少冲二穴最功多,刺入三分不着灸,金针用后自平和。



时行疟疾最难禁,穴法由来未申明,若把后溪穴寻得,多加艾火即时轻。



牙痛阵阵苦相煎,穴在二间要得传,若患翻胃并呕吐,中魁奇穴莫教偏。



乳鹅之症少人医,必用金针疾始除,如若少商出血后,即时安稳免灾危。




如今瘾疹疾多般,好手医人治亦难,天井二穴多着灸,纵生瘰疬灸皆安。



寒痰咳嗽更兼风,列缺二穴最可攻,先把太渊一穴泻,多加艾火即收功。



痴呆之症不堪亲,不识尊卑枉骂人,神门独治痴呆病,转手骨开得穴真。



连日虚烦面赤妆,心中惊悸亦难当,若寻通里穴寻得,一用金针体便康。



风眩目烂最堪怜,泪出汪汪不可言,大小骨空皆妙穴,多加艾火疾自痊。


(この大小骨空について針灸奇穴辞典では"眼瞼化膿で涙が断えず流れて苦しい者に、大・小骨空はまことに著効をみるツボである"と訳がありまして、眩暈についての記載がないんですね。
風眩という文字を見ると眩暈を想像してしまうのですが、风眩目烂最堪怜で風により視界が悪いこと意味しているのでしょうか)



妇人吹乳痛难消,吐血风痰稠似胶,少泽穴内明补泻,应时神效气能调。



满身发热痛为虚,盗汗淋淋渐损躯,须得百劳椎骨穴,金针一刺疾俱除。



忽然咳嗽腰背痛,身柱由来灸便轻,至阳亦治黄疸病,先补后泻效分明。



肾败腰虚小便频,夜间起止苦劳神,命门若得金针助,肾俞艾灸起邅迍。



九般痔漏最伤人,必刺承山效若神,更有长强一穴是,呻吟大痛穴为真。



伤风不解嗽频频,久不医时劳便成,咳嗽需针肺俞穴,痰多宜向丰隆寻。



膏肓二穴治病强,此穴原来难度量,斯穴禁针多着灸,二十一壮亦无妨。


腠理不密咳嗽频,鼻流清涕气昏沉,须知喷嚏风门穴,咳嗽亦加艾火灸。



胆寒尤是怕惊心,遗精白浊实难禁,夜梦鬼交心俞治,白环俞沾一般针。



肝家血少目昏花,宜补肝俞力便知,更加三里频泻动,还光益血自无差。



脾家之症有多般,致成翻胃吐食难,黄疸亦须寻腕骨,金针必定夺中脘。



大便闭结不能通,照海分明在足中,更把支沟来泻动,方知秒穴有神功。



小腹胀满气攻心,内庭二穴要先针,两足有水临泣泻,无水方能病不侵。


七般疝气取大敦,穴法由来指侧间,诸经俱载三毛处,不遇师传隔万山。



传尸劳病最难医,涌泉出血免灾危,痰多须向丰隆泻,气喘丹田亦可施。



浑身疼痛疾非常,不定穴中细申祥,有筋有骨须浅刺,灼艾临时要度量。



劳宫穴在掌中寻,满手生疮痛不禁,心胸之病大陵泻,气攻胸腹一般针。



哮喘之症最难当,夜间不睡气遑遑,天突秒穴宜寻得,膻中着灸便安康。



鸠尾独治五般痫,此穴须当仔细观,若然着灸宜七壮,多则伤人针宜难。




气喘急急不可眠,何当日夜苦忧煎,若得璇玑针泻动,更得气海自安然。



肾强疝气发甚频,气上攻心似死人,关元兼刺大敦穴,此法亲传始得真。



水病之疾最难熬,腹满虚胀不肯消,先灸水分并水道,后针三里及阴交。



肾气冲心得几时,须用金针疾自除,若得关元并带脉,四海谁不仰明医。


赤白妇人带下难,之因虚败不能安,中极补多宜泻少,灼艾还需着意看。



吼喘之症嗽痰多,若用金针疾自和,俞府乳根一样刺,气喘风痰渐渐磨。



伤寒过经犹未解,须上期门穴上针,忽然气喘攻胸膈,三里泻多须用心。



脾泻之症别无他,天枢二穴刺休差,此是五脏脾虚症,艾火多添病不加。



口臭之疾最可憎,劳心只为苦多情,大陵穴内人中泻,心得清凉气自平。



穴法深浅在指中,治病须臾显妙功,劝君要治诸般疾,何不当初记玉龙。